焼肉なら京都・滋賀・東京の焼肉専門店「焼肉の名門 天壇」。宴会・送別会・歓迎会・個室・各種コース、プランをご用意。

お肉について

天壇の焼肉について

天壇では一番の人気メニューがロース

ロース

天壇では、“サーロインロース”“リブロインロース”をロースとして、ご提供しております。

“サーロインロース“は、牛の背中から腰にあたりにかけての肉で、牛肉を代表する部位。サシをたっぷり含んだきめ細かな肉質で、形状も肉厚、カットすればそのままステーキに使える部位です。
“リブロース“はサーロインよりサシの強い部分を含み、肉のきめ細かさ、脂のリッチな旨みの両方を味わうことができます。

祇園本店・The Dining山科店では、2種のロースを選んでご注文いただけるスタイルを採用しております。

ヘレ・カルビ・サガリ・ハラミ・・・??

ロース以外にも、牛肉には部位ごとに特徴があり、それぞれ味わいにも大きな違いがあります。柔らかな肉質のヘレ、ジューシーで噛みごたえのあるカルビ、柔らかく脂肪が多い赤身のハラミ…。どれも名前は聞いたことがあるけど、実際にはどこの部位か分からない、という方は多いはず。

また意外に知られていないのが、焼肉の焼き方!お肉の焼き方によって、美味しさがガラリと変わる、焼肉はとても奥の深いものです。
正しい知識を得ることで、焼肉がもっと美味しく、もっと楽しいものになります!

正肉・ホルモンの部位解説、焼肉の美味しい焼き方をご紹介します。

  • 天壇 焼肉道場
  • 部位解説 正肉編
  • 部位解説 ホルモン編

天壇の生食用牛肉は安心・安全

ユッケ

天壇では、一部店舗にて、ユッケをご提供しております。(ご提供店舗はこちらをご確認ください
国が決めた基準を順守された生食用牛肉(精肉)に関しては、ご提供が可能となっており、もちろん天壇のユッケも準じたものとなっています。

国の定める基準とは
①生食用として提供する牛肉についての基準
②生食用牛肉を調理する際の調理場についての基準

の2つに分けられます。

①は牛肉が新鮮なうちに高温で熱処理し、牛肉の表面を削ったお肉のこと。また②の調理場の基準を満たしているため、天壇では、お客様にパックの状態でのご提供ではなく、調理場で扱うことが認められています。

牛肉のトレーサビリティって

トレーサビリティとは、牛一頭一頭に「個体識別番号」というものを付け、その牛の飼育方法、生産者などがわかるよう情報を追跡できるシステムのことです。日本国内で生まれ育つすべての牛に個体識別番号が付与されます。
天壇ではメニュー別に、使用する牛の個体識別番号を店頭にてご案内しております。

京都1965年創業、伝統の味「焼肉の名門 天壇」