焼肉なら京都・滋賀・東京の焼肉専門店「焼肉の名門 天壇」。宴会・送別会・歓迎会・個室・各種コース、プランをご用意。

リブロイン(リブ)

サーロインに続く部位で、サシと言われる霜降りが入りやすい柔らかい部位です。天壇ではサーロインと同様ロースとしてお出ししています。

サーロイン

牛の背中に当ります。牛肉の中の最高部位として唯一「サー」の称号がついた部位です。ステーキでもよく使われます。天壇ではロースとしてお出ししています。

ヘレ/ヒレ

きめ細かい非常に柔らかな肉質とサシの入った部位でステーキでもよく使われます。関西では「ヘレ」と呼びます。

ヘレ シャトーブリアン

ヘレのなかでも芯の部分。ほとんど動きのない部分なので非常に柔らかく、希少なため高価な部位です。

サンカク 三角バラ

第1~第6肋骨の部位を三角形に切り取った部分です。サシが入りやすく濃厚な味わいでバラの中では最高の部位と言われています。天壇では上カルビや特上カルビとしてお出ししています。

サンカク 中落カルビ

骨の周りの肉です。旨みが濃く、しっかりと噛みごたえのある、ジューシーな部位です。隠れファンが多いです。

ウデとも呼ばれる部分で、肩ロースとはまた部位が違います。

肩 ミスジ

肩甲骨あたりの肉で非常に細かくサシが入り、滑らかな食感が特徴です。

肩ロース クラシタ

ハネシタという部分を外した肩ロースの部位です。「肩」とはまた違う部分で、少し厚めにカットしてもとろけるような食感が特徴です。

肩ロース ハネシタ

肩ロースの内側の部分。肉を強く感じる食感と柔らかさ両方を持ち合わせます。

ブリスケ

肩バラや前バラとも呼ばれる部分で、適度なサシは入りますが肉繊維の向きも複雑でやや固めの肉質。煮込みなどに適した部位。

トモバラ 中バラ

外バラより赤身が強く、肉の食感が楽しめる部分です。

トモバラ 外バラ

中バラと異なり脂の入りが強いのが特徴です。その分食感は柔らかいものとなります。

トモバラ 中落カルビ

骨の周りの肉です。旨みが濃く、しっかりと噛みごたえのある、ジューシーな部位です。隠れファンが多いです。

ランイチ ランプ

ランイチと呼ばれる部分のランプ部分。腰~おしりにかけた部分で脂肪が少なく赤身が強いのが特徴です。

ランイチ イチボ

霜降りの甘さと赤身の旨みが味わえる通好みの部位。

内モモ

ウチヒラともいいます。最も脂肪の少ない部分で、消化にいい部位です。肉質は均一で、あっさりした風味です。

外モモ・シンタマ

内モモよりもキメが粗く肉質も固くなりがちですが、シンタマの一部であるトモサンカクはサシが入り、あっさりしながら脂の甘みも味わえる部位。

ネック

スジが多く固いので煮込みなどに適しています。

カイノミ

中バラからとれますが、ヘレの続きの部位なのできめ細かなサシが入りとても柔らかい食感が特徴です。