焼肉なら京都・滋賀・東京の焼肉専門店「焼肉の名門 天壇」。宴会・送別会・歓迎会・個室・各種コース、プランをご用意。

天壇のこだわり

天壇創業から続く秘伝のつけタレ

味付けしたお肉を、お出汁のようなこのタレで食べる焼肉が50年もの間京都で愛されてきました。さっぱりとした後口とお肉のうまみを引き出すタレは、「焼いたお肉を食べごろの温度にし、お肉の味を引き立てるタレを」ということで考えられたものです。
天壇のつけタレは、1965年の創業当時のレシピのまま、現在も自家製で作り続けています。黄金色に透き通った、このタレは牛肉などを長時間かけて煮込み、旨みを抽出したお出汁をベースに作られます。実は創業以来歴代の料理長のみが知る、秘伝のレシピとなっています。
いまや京都焼肉の代名詞となった、天壇のお出汁のようなタレで食べる焼肉を是非、ご賞味ください。

また、天壇ではお肉に味をつける「もみタレ」も4種類のものを部位により使い分けています。
お子様用の味付けのタレもご用意しておりますので、ご入用の際はお申し付けください。

天壇の焼肉について

天壇では一番の人気メニューがロース

ロース

天壇では、“サーロインロース”“リブロインロース”をロースとして、ご提供しております。

“サーロインロース“は、牛の背中から腰にあたりにかけての肉で、牛肉を代表する部位。サシをたっぷり含んだきめ細かな肉質で、形状も肉厚、カットすればそのままステーキに使える部位です。
“リブロース“はサーロインよりサシの強い部分を含み、肉のきめ細かさ、脂のリッチな旨みの両方を味わうことができます。

祇園本店・The Dining山科店では、2種のロースを選んでご注文いただけるスタイルを採用しております。

おもてなしの心

お客様が幸せな時間を過ごされる時、まっさきに選ばれる、そんな店でありたい。
天壇各店では、ご家族連れやカップル、宴会、接待などすべてのお客様に喜んでいただけるお店作りを行っています。焼肉を楽しんでいただくことはもちろんのこと、お客様が幸せな時間をお過ごしいただけるよう、一流のおもてなしをお届けいたします。
1965年の創業以来、変わらぬ心でお客様をお待ちしております。


  • 着物にてお客様をおもてなし。
    (京都 祇園本店のロイヤルフロアのみ)

  • ソムリエが選んだ、焼肉に合うワインを
    各店で取り揃えております。

  • 落ち着いた雰囲気のダイニングフロア。
    (京都 祇園本店 ダイニングフロア)

  • 京都をイメージした「モダンみやび」の
    空間。(東京 銀座店)

  • 個室専用のお手洗いを完備したVIPルーム
    「祇園」。(東京 赤坂店)

  • ゆったりとお過ごしいただけるこだわりの空間。(京都 The Dining山科店)

天壇こだわりのサイドメニュー

天壇では一品料理やサイドメニューにも力を入れています。
そのなかでも冷麺、そして創業時より受け継がれているチゲ味噌汁は天壇イチオシのサイドメニューです。

冷麺

冷麺は、純度の高い更科粉を使った自家製手打ち麺を使用しています。
こだわりは、手打ち麺ならではの、プッツリときれる麺ののど越し、もちもちしすぎない歯ごたえ、そしてそれらすべてをまとめるスープの存在です。
天壇では麺の食感・のど越しとスープ味がおいしい冷麺かどうかを決めると考えています。スープをおいしく作るコツは肉の臭みを抑えながらも甘味を引き出す、不要な脂をきっちりととる、ということが重要です。最後の〆にぜひ冷麺をご賞味くださいませ。

※そば粉を使用していますので、そばアレルギーのお客様はご注意ください。

チゲ味噌汁

今でこそ「チゲ」という食べものが日本でも広く認識されるようになりましたが、創業当時は「チゲ?なにそれ?」というお客様がほとんどでした。
そこで、唐辛子の辛みをマイルドに感じて頂くため、アレンジしたのが現在の天壇チゲ(チゲ味噌汁)です。
隠し味の白みそで辛みの中にコクを感じて頂けるオリジナルの味。

天壇チゲで使用するお味噌はお持ち帰りもしていただけますので、おみやげに是非どうぞ。

おうちで簡単に天壇の味 チゲ味噌汁

材料:天壇チゲ味噌、お好きな具材(アサリなどの海鮮や豆腐など)、水(出汁)
作り方は、左の動画をご参照ください。

京都1965年創業、伝統の味「焼肉の名門 天壇」