天壇の沿革

創業当時の写真

天壇が創業した1965年は、前年10月に東京オリンピックが開催され、新幹線が開通するなど、日本が経済発展を遂げる入口に立った翌年。京都市内には市電や京阪電車などの路面電車が走り、自動車も増えて街が発展する一方で、市井の人はまだゆったりとした時間のなか生活をしている、そんな二者が共存した時代でした。

創業当時の写真

当時は朝鮮料理やホルモン焼というものがあるだけで、天壇のような焼肉レストランは皆無。 焼肉という言葉自体も一般的ではなく、一部の人に食べられていただけの存在でした。
そのため天壇も“大陸料理 天壇”や“バーベキュー”などと表記していましたが、知名度が上がるにつれ、“焼肉料理”、そしてその後、“焼肉の名門 天壇”と謳うようになりました。
「日本はこれから経済的に豊かな国になり、いろいろな食文化が広がるだろう。その時おいしい焼肉は必ず多くの人に支持されるはずだ。」そう考えた創業者が今の祇園本店の地に創業。 焼肉文化を広める、と誓った創業時の想いが私たちの原点です。
「初めて焼肉を食べたのが天壇だった」とおっしゃって頂く方も多く、京都在住の作家 柏井寿さまにも「京都の焼肉の原点」とご紹介いただいております。

焼肉の名門 天壇

創業から続く、秘伝のつけタレ。

今では塩焼きも人気がありますが、昔の焼肉は、タレで濃いめに味付けされたお肉ばかりでした。 そして、この味付けしたお肉をつける「タレ」(以下、つけタレ)というものは、日本で育った独自の焼肉スタイル。
天壇のつけタレも、創業当時に「焼いたお肉を食べごろの温度にし、お肉の味を引き立てるタレを」ということで考え出されたものです。 しっかり味付けをしたお肉を食べるには、すき焼きのように、何かにつけて味をマイルドにする方が京都の人に好まれると考えました。

秘伝のレシピ

この天壇のつけタレは、創業当時のレシピのまま現在も自家製で作り続けています。牛肉などを長時間かけて煮込み、旨みを抽出したお出汁をベースに作られます。ちょうどフランス料理のフォン(出汁)のような見た目です。もちろん無着色・無添加。 レシピは、歴代の料理長に伝えられる秘伝のもので、製法は秘密です。
お店によって味は異なるものの、京都にはこのように薄い色のつけタレを出すお店が大変多く、近畿圏の大阪・神戸でも見られない、京都の食文化です。
これは京都で知名度の高い天壇が、創業以来ずっとこのタレをご提供し続けてきたからだとも言われています。

焼肉ブームの到来。

1987年、四条本店をそれまでの2階建から4階建に新築し、400席を有する関西でも最大規模の焼肉店としてオープンしました。
その翌年の1988年にソウル五輪が開催されると、日本で韓国ブームが起こり、その波は焼肉店にも波及。空前の焼肉ブームとなり、焼肉は一気に市民権を得るようになりました。

天壇 祗園本店

その焼肉ブームに一役買ったのが「無煙ロースター」の誕生。
無煙ロースターが誕生する前は、『焼肉屋さん=煙モウモウ』が常識でした。もみタレが多い程、煙は多くなるのですが、天壇では味を変えたくなかったため、お客様には煙を我慢して頂きながら、営業を続けていました。
しかし、この無煙ロースターが誕生すると、いち早く導入。その後、独自にメーカーと脱臭機能を加えた無煙ロースターを開発。日本で初めて、空気浄化システムを搭載した無煙ロースターを導入した焼肉店となり、家族連れのお客様にもとても喜ばれました。

無煙ロースター

これからも皆様に愛される焼肉店へ

私たちは、日本における焼肉創世記より店を構え、京都で多くの方に知って頂ける焼肉レストランとなりました。
50年間変わらないのは「1人でも多くの方に私たちの味を知って頂きたい」という思い。
「伝統とは革新し続けることである」とはよく言われることですが、まさにそのとおりだと考えています。 次の50年もすべては「うまいっ!」とほころぶお客様の笑顔のために、メニューやサービスなど、変えないものと変えるものを精査し、先人から受け継いだ味をこれからの未来へと繋げてゆきます。
お客様が幸せな時間を過ごされる時、まっさきに選ばれる、そんな店でありたいとの気持ちを新たに、51年目の一歩を踏み出します。
「よい食材を、一流のおもてなしの心でお客様にお届けする」
50年間変えることのなかったその姿勢は、次の50年にも引き継いでまいります。

天壇の沿革

天壇50周年記念 公式Facebookはコチラ!