『なつかしくて新しい 天壇』
天壇伝統の味と新しい牛肉の楽しみ方をご提案致します。
また、国の安全基準を満たした牛肉の刺身など多彩な焼肉・刺身メニューもご用意しております。

北山店はランチタイムも毎日営業いたします。焼肉を楽しんで頂けるランチセットなど、毎日でも飽きない豊富なラインナップを取り揃えております。
(ランチタイム営業は5月1日(火)から開始)

また、天壇グループ初となる『週末・休日限定のモーニング営業』を実施しております。店内に前日の焼肉の匂いが残らない、しっかりした設備をご用意する天壇だからこそ、朝にご来店いただいても爽やかにお食事頂けます。

モーニングメニューには焼肉御膳をはじめ、滋養味溢れる韓国のお粥などをご用意いたします。(モーニング営業は5月3日(木・祝)午前8:30から開始予定)
京都の朝食シーンに新しい風が吹きます。

北山店屋上にBBQフロアがOPEN致します。
人気を頂いている祗園本店の屋上フロアのBBQを北山でも楽しんで頂けます。
目の前に広がる植物園や街路樹が気持ちよく、送り火が行われる五山の『船形』がご覧いただけます。

天壇では “サーロイン”と“リブロイン”といわれる部位のみをロースとしてご提供しておりますが、当店ではさらにサーロインとリブロインを指定してご注文いただけます。

“サーロインロース“は牛肉を代表する部位で、サシを含みやすく、きめ細かな肉質で形状も肉厚にカットすればそのままステーキに使える部位です。
“リブロース“はサーロインよりサシの強い部分を含み、肉のきめ細かさ、脂のリッチな旨みの両方を味わうことができます。
そのロースを薄切り・大判でカットしご提供するのが天壇流。つけタレとの相性が抜群で、お肉の甘さを口いっぱいに広がります。
是非当店でお好みのロースを見つけてください。

1965年の創業当時のレシピのまま、現在も自家製で作り続けている天壇のつけタレ。 さっぱりとした後口とお肉のうまみを引き出すタレは、「焼いたお肉を食べごろの温度にし、お肉の味を引き立てるタレを」ということで考えられたものです。

黄金色に透き通ったこのタレは、牛肉などを長時間かけて煮込み、旨みを抽出したお出汁をベースに作られます。創業以来歴代の料理長がその作り方を知る、秘伝のレシピです。


社内のソムリエが選んだ“天壇の焼肉に合うワイン”を取り揃えております。
各国より納得した味の銘柄を専用のセラーで管理し、焼肉とワインという組み合わせもお薦めのひとつとしております。