焼肉なら京都・滋賀・東京の焼肉専門店「焼肉の名門 天壇」。宴会・送別会・歓迎会・個室・各種コース、プランをご用意。

記事一覧【プレスリリース】

【PRESSRELEASE】2名利用限定、個食対応の焼肉フルコース『福綏(ふくすい)』好評につき再販開始 3月1日(月)から5月5日(水・祝)まで、天壇赤坂店にて提供 〜ホワイトデーや卒業・入学など、コロナ禍のアニバーサリーシーンを“映える”料理や演出で盛り上げる〜

2021-03-01

1965年の創業以来「お出汁で食べる京都焼肉」を提供する『焼肉の名門 天壇』(運営:株式会社晃商、代表取締役社長 新井義淳)は、赤坂店にて昨年12月限定で試験的に販売していた焼肉フルコース『福綏(ふくすい)』を、3月1日(月)から5月5日(水・祝)までの期間限定で提供します。 本コースは1人前15,000円(税込)で2名利用の焼肉フルコースです。コロナ禍でも安心して利用できるよう、料理は全て1人1皿ずつ個別提供し、お肉はスタッフが換気や消毒などの感染予防対策を行なった上で、利用客の目の前で焼き上げます。コースは『写真映え』と『京都』を意識した構成となっており、味・音・香りだけでなく目で見ても楽しく、まるで京都を訪れたような非日常の食や体験を提供します。 ▲写真上:焼肉フルコース『福綏(ふくすい)』下:コース提供の様子   昨今飲食店の利用スタイルは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、大人数・長時間から、少人数・短時間に変化しています。 天壇では、昨年12月に少人数での宴会利用ニーズの高まりを受け、「焼肉の名門 天壇 赤坂店」にて、一品一品にこだわりを持った五感で味わうコース「福綏(ふくすい)」を1カ月間限定で販売しました。個室や料理の個別提供、2名限定のコース利用といった点が顧客に支持され、好評を博しました。 この度の再販は、12月提供時の来店者やキャンセルをした顧客から、「ホワイトデーや門出の祝い等で利用したい」と要望を受け、再販売に至りました。   本コースはコース名である『福綏(ふくすい)』の意味にあるように「幸福にして安泰であること」を感じられるメニュー構成で、カップルやご夫婦、親子などの2名での利用を想定しています。 「写真映え」と「京都」をテーマに、味・音・香りだけでなく目で見ても楽しく最後まで飽きずに、まるで京都を訪れたような非日常の食や体験ができます。   また、安心して料理を味わえるよう料理は全て1人1皿ずつ個別提供します。さらにお肉はスタッフが換気に留意しながら利用客の目の前で焼き上げて提供します。     【販売概要】 ■コース名:福綏(ふくすい)コース ■販売価格: 15,000円(税込)/1人前 ■販売期間: 2021年3月1日(月)~2021年5月5日(水・祝) ■予約・注文方法 電話・店頭にて前日までの予約受付。 コース注文は1組2名利用限定。 仕入れ状況により売り切れる場合あり。   ■コース内容: 茹でタンのスープ/前菜3種とシャンパン(ノンアルコールに変更可)/お肉の逸品盛合せ/特選タンの塩焼(和牛タン・トリュフタン)/ 特上ロース~天壇特製おろしポン酢ダレとともに~/和牛ミスジの焼きしゃぶ/天壇チョレギサラダ/ ロッシーニ風 天壇特製ハンバーグ/シャトーブリアンのステーキ/ムルキムチ/ ミルフィーユロース・極上ミルフィーユロース/選べるお食事もの(スダチ冷麺・牛茶漬け)/ 自家製パンナコッタ 祇園辻利の抹茶風味/   ■取り扱い店舗 [天壇赤坂店] 2013年にオープンした赤坂店は赤坂一ツ木通りに面したビルの2階にあります。店内は京都をイメージした個室やVIP個室などがあり、カウンター席以外は全て個室のプライベート空間となっています。 当店では検温やプライベートでの不要不急の集会への参加自粛、手洗いうがいなどの自社基準の健康チェックを満たしたスタッフが従事し、店内の感染拡大対策を万全に行なった上で料理を提供しています。 住所:東京都港区赤坂4丁目3-6 ヒューリック赤坂一ツ木通ビル2F(旧A-FLAG赤坂) 電話番号:(03)5575-5129 営業時間:11:30~20:00(LO 19:00) ※政府・自治体からの営業時間短縮要請を受け、現在上記の営業時間にて営業しております。今後、営業時間が変更となる場合がございます。 定休日:なし アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」1番出口徒歩2分 東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」10番出口徒步5分   【コース内容詳細】 本コースにはベビーサイズのシャンパンが含まれており、前菜では京野菜とシャンパンのペアリングを楽しめます。 ▲前菜3種・お肉の逸品とシャンパン メイン料理では、特に写真映えするメニューの「お肉の逸品盛り合せ」や自家製のハンバーグとフォアグラを特製のソースで絡めた「ロッシーニ風 天壇特製ハンバーグ」、100gの厚みのある「シャトーブリアンのステーキ」といったアニバーサリー需要にふさわしい贅沢な逸品を提供します。 ▲ロッシーニ風 天壇特製ハンバーグ ▲シャトーブリアンのステーキ スタッフが利用客の目の前で最高の状態で焼き上げて提供する焼物は、柔らかい歯ざわりが特徴の「和牛タン」と薄切りにしたタンにトリュフを包み込んだ「トリュフタン」、それぞれ異なる味付けで楽しむ「特上ロース」や「和牛ミスジの焼きしゃぶ」の赤身2種をコース限定メニューとして提供します。さらに天壇伝統の「お出汁で食べる京都焼肉」スタイルで、薄切りロースを3枚重ねて焼く「ミルフィーユロース」も提供します。 ▲ミルフィーユロース・極上ミルフィーユロース ▲お出汁で食べる京都焼肉   デザートは京都 祇園辻利の抹茶を使用した『自家製パンナコッタ』を提供します。 ▲自家製パンナコッタ 祇園辻利の抹茶風味   【焼肉の名門 天壇のご紹介】 【創業】1965年1月  【特徴】 創業地は京都の祇園。京都は1人あたりの牛肉消費量が日本一になる年もあるほど*1牛肉大好きな街。食肉文化の発展しているそんな京都で、天壇は長らく認知度の高い地元の焼肉レストランとしてご愛顧いただいてきました。 その秘密は上質な牛肉と秘伝のタレ。天壇の「つけタレ」は、牛骨スープをベースとした黄金色に透き通ったお出汁のような味わいでさっぱりしていてコクがあり、肉の旨みを引き立たせます。 天壇はその京都焼肉の原点として、創業以来変わらぬ味を提供し続けています。 *1総務省統計局 家計調査(平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)より   【店舗一覧  天壇グループ 全10店舗】 ▲京都 祇園本店 1)「焼肉の名門 天壇」 8店舗 京都 :祇園本店・西院店・桂五条店・The Dining山科店・北山店 滋賀 :草津店 / 東京 :銀座店・赤坂店 2)「焼肉 TENDAN ニュースタイルビュッフェ」 2店舗 京都 :竹田店・宇治小倉店   URL    https://www.tendan.co.jp/                                                            運営会社      株式会社 晃商 本社所在地   京都市東山区宮川筋1丁目221 代表者      代表取締役社長 新井 義淳 資本金      3,000万円

【PRESSRELEASE】『焼肉の名門 天壇』運営の晃商、約20億円を投資し、セントラルキッチンを京都市に新築移転 店舗数の拡大やテイクアウト・通販商品の需要増を受け、生産能力を約3倍に増強 〜6月の改正食品衛生法で完全義務化される衛生管理法「HACCP」に準拠、認証の取得を目指す〜

2021-02-25

1965年の創業以来「お出汁で食べる京都焼肉」を提供する『焼肉の名門 天壇』などの飲食事業を展開する株式会社晃商(本社:京都市東山区、代表取締役社長:新井 義淳)は、店舗運営に係る精肉、加工業を担う『天壇セントラルキッチン(以下、CK)』を新築移転し、2021年2月28日(日)より新拠点(所在地:京都市南区)にて試験稼働を開始致します。 新CKでは、安定した品質と供給を維持するため作業の一部を機械化することで生産能力を約3倍に増強しました。また、重労働を軽減し女性や高齢者でも働きやすい環境を実現しました。さらにHACCP認証の取得に向け、準拠した設備を整えました。   ▲新天壇セントラルキッチン外観 天壇では、伝統の味を一定の品質で全国の店舗から提供するため、肉のつけたれや調味料などを全て手作業で製造していました。そのため、1987年から稼働してきた既存のCKでは、調理や荷下ろしなど製造工程で多くの重労働が発生していました。また、女性従業員が増加していたこともあり、環境整備が急務でした。さらに、店舗数の拡大やテイクアウト商品の開発などで取り扱う商品数も増加し、生産能力の増強も課題でした。 新CKでは、新機材を導入し、さらに原材料の納入から製造・出荷までを効率的に行える設計を採用することで生産能力を既存CKの約3倍に増強します。 荷下ろし作業や製造工程の一部を機械化し従業員の負担軽減や作業効率を向上する一方で、一部工程では手作業での製造も行い、伝統の味も守ります。 さらに2021年6月から日本で完全義務化される、世界基準の衛生管理方法の「HACCP」に準拠した設備を整えました。これにより、製造工程管理も徹底され、安定した品質と供給を実現し、的確な製造・在庫管理で生産ロスも削減します。今後はHACCP認証の取得を目指します。 新CKは地上4階建てで、延床面積は約3023平米です。階層ごとに作業工程や用途を分けており、1階から3階は倉庫や工場フロアで、4階は従業員用の住居フロアとなります。 1階は倉庫フロアで搬入や食材管理を行います。2階は店内提供用商品の調理や加工工程のフロアです。3階は精肉加工と店外販売用商品加工のフロアです。4階は働きやすい環境作りのために新設した従業員用の住居フロアです。12名が単身入居可能で、多様化する働き方に柔軟に対応していきます。   【専務取締役 新井 丈博(あらい たけひろ)からのコメント】 新築移転した理由は、1987年から稼働してきた既存セントラルキッチンの設備老朽化と店舗数の拡大やテイクアウト商品の拡充などによる商品数増加によりスペースが手狭になっていたことです。 新築移転したセントラルキッチンでは、作業効率や衛生環境などがより向上することで生産能力と品質向上、さらに作業スペースの拡張や新たな設備投資を行い、重労働を軽減させ、作業の安全性向上を目指します。 これにより女性や高齢の方でもこれまで以上により安心して長く働ける環境が整いました。 全てにおいてパワーアップした新セントラルキッチンで、アフターコロナにおける飲食需要の再拡大に備え、ネット通販用の新商品開発や新たな業態での出店なども視野に入れ、さらなる事業成長を目指します。 【施設概要】 ・名称:焼肉の名門 天壇 セントラルキッチン ・所在地:〒601-8141 京都府京都市南区上鳥羽卯の花1 ・敷地面積:1402.48㎡ ・延床面積:3023.8㎡(地上4階建、鉄骨造) ・総投資金額約20億円 ________________________________________ 【焼肉の名門 天壇のご紹介】 【創業】1965年1月  【特徴】 創業地は京都の祇園。京都は1人あたりの牛肉消費量が日本一になる年もあるほど*1牛肉大好きな街。食肉文化の発展しているそんな京都で、天壇は長らく認知度の高い地元の焼肉レストランとしてご愛顧いただいて参りました。その秘密は上質な牛肉と秘伝のタレ。天壇の「つけタレ」は、牛骨スープをベースとした黄金色に透き通ったお出汁のような味わいでさっぱりしていてコクがあり、肉の旨みを引き立たせます。天壇はその京都焼肉の原点として、創業以来変わらぬ味を提供し続けています。 *1総務省統計局 家計調査(平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)より 【店舗一覧  天壇グループ 全10店舗】 1)「焼肉の名門 天壇」 8店舗 京都 :祇園本店・西院店・桂五条店・The Dining山科店・北山店 滋賀 :草津店 / 東京 :銀座店・赤坂店 2)「焼肉 TENDAN ニュースタイルビュッフェ」 2店舗 京都 :竹田店・宇治小倉店 URL     https://www.tendan.co.jp/ ▲京都 祇園本店 運営会社      株式会社 晃商 本社所在地   京都市東山区宮川筋1丁目221 代表者      代表取締役社長 新井 義淳 資本金      3,000万円  

【PRESSRELEASE】『口福(こうふく)を呼ぶ 天壇特製 恵方巻』を2月1日(月)・2日(火)に販売 天壇グループ全店舗でテイクアウト・店内で提供、1月9日(土)より予約受付開始 ~2021年の節分は124年ぶりに2月2日、丑年にちなみ牛肉入り恵方巻で無病息災祈願~

2021-01-06

1965年の創業以来「お出汁で食べる京都焼肉」を提供する『焼肉の名門 天壇』(運営:株式会社晃商、代表取締役社長 新井義淳)は、2月1日(月)・2日(火)の2日間限定で『天壇特製恵方巻』通常サイズ1本880円(税込)、ハーフサイズ1本440円(税込)を販売します。それに伴い1月9日(土)より天壇グループ全店舗で予約受付を開始します。 今年2021年は立春が2月3日(水)のため、124年ぶりに2月2日(火)が節分の日となります。恵方は「南南東やや南」です。 「節分」は、古来より、病気や災害などは鬼の仕業とされていたため、鬼に豆を投げつけることで病気や災害を追い払い、福を呼び込むとされてきた風習のひとつです。現在では立春の前日に無病息災を願い「豆まき」や「恵方巻」を食べる行事とされており、「恵方巻」は節分の時期にその年の恵方を向き、願いを込めて無言で1本を切らずに「丸かぶり」して食べると縁起が良いとされています。   『天壇特製 恵方巻』は、丑年にふさわしい牛肉を使った焼肉店の恵方巻です。七福にちなみ、天壇秘伝の甘辛いもみだれをまぶして焼き上げた「天壇特製焼肉」をメインとし、「もやしナムル」、「ほうれん草ナムル」、「厚焼玉子」、「味付椎茸」、「人参」、「胡瓜」の7種を巻き込んでいます。具材を包むご飯はごま油と塩で味付けした韓国海苔風味で、それを焼海苔で巻いて提供します。一般的な韓国海苔は、表面にごま油が塗られているため、恵方巻のように「丸かぶり」する際に手が汚れますが、本商品では手を汚さずに韓国海苔の風味を再現するため、このような製法を採用しています。 また、恵方巻の正しい食べ方とされている「丸かぶり」を想定し7種の具材でボリューム満点でありながら、食べやすい太さに仕上げています。さらに約18cmの通常サイズと約9cmのハーフサイズの2サイズを提供することで女性や子供でも、「丸かぶり」に挑戦しやすくしています。   天壇グループでは、2017年より『天壇特製 恵方巻』を全店舗で販売しています。各店舗ごとで受注生産制にすることで、出来立ての味と食品ロスを抑えた提供を実現し、年々リピーターが増えている人気メニューです。本商品はテイクアウト提供のほか、店内飲食時にも提供します。   【天壇特製『恵方巻』 販売概要】 ■予約開始:2021年1月9日(土) ■販売日:2021年2月1日(月)、2日(火) ■取り扱い店舗:天壇グループ全店(東京・京都・滋賀 計10店舗) ■販売価格:1本880円(税込)、ハーフサイズ440円(税込) ■予約方法 店頭・電話にて予約受付(当日販売も可) ※予約・受渡し時間は店舗営業時間内 ※当日の注文の場合、仕入れの都合上売り切れの可能性あり ※注文数が20個以上の場合は要問い合わせ ________________________________________ 【焼肉の名門 天壇のご紹介】 【創業】1965年1月 【特徴】 創業地は京都の祇園。京都は1人あたりの牛肉消費量が日本一になる年もあるほど*1牛肉大好きな街。食肉文化の発展しているそんな京都で、天壇は長らく認知度の高い地元の焼肉レストランとしてご愛顧いただいて参りました。 その秘密は上質な牛肉と秘伝のタレ。天壇の「つけタレ」は、牛骨スープをベースとした黄金色に透き通ったお出汁のような味わいでさっぱりしていてコクがあり、肉の旨みを引き立たせます。 京都では「洗いダレ」と呼ばれるタレを提供する焼肉店が多くありますが、天壇はその京都焼肉の原点として、創業以来変わらぬ味を提供し続けています。 *1総務省統計局 家計調査(平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)より   【店舗一覧  天壇グループ 全10店舗】 1)「焼肉の名門 天壇」 8店舗 [京都] 祇園本店(075-551-4129)/西院店(075-321-4129) 桂五条店(075-392-4129)/The Dining山科店(075-501-4129) 北山店(075-707-4129) [滋賀] 草津店(077-565-4129) [東京] 銀座店(03-5551-1129)/赤坂店(03-5575-5129)   2)「焼肉 TENDAN ニュースタイルビュッフェ」 2店舗 [京都] 竹田店(075-645-4129)/宇治小倉店(0774-24-4129) URL    https://www.tendan.co.jp/

【PRESS RELEASE】少人数・個室利用可能のクリスマス・年末限定の焼肉フルコース『福綏(ふくすい)』 天壇赤坂店にて12月1日(火)から31日(木)の期間限定で提供開始 〜換気や消毒などの感染予防対策は万全に行い、1人1皿ずつの個別提供。最高の味と安心を提供〜

2020-12-01

1965年の創業以来「お出汁で食べる京都焼肉」を提供する『焼肉の名門 天壇』(運営:株式会社晃商、代表取締役社長 新井義淳)は、赤坂店限定で焼肉フルコース『福綏(ふくすい)』を12月1日(火)から12月31日(木)までの期間限定で提供します。 本コースは少人数のご利用を想定した焼肉フルコースです。コロナ禍でも安心して利用できるよう、料理は全て1人1皿ずつ個別提供し、お肉はスタッフが換気や消毒などの感染予防対策を行なった上で、利用客の目の前で焼き上げます。コースは『写真映え』と『京都』を意識した構成となっており、味・音・香りだけでなく目で見ても楽しく、まるで京都を訪れたような非日常の食や体験を提供します。 今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、年末年始にかけた飲食店の利用ニーズは、例年通りの大人数での忘年会や新年会といった大人数での宴会利用から、短時間かつ少人数での宴会利用が増加することが予想されます。 天壇では、少人数での宴会利用ニーズの高まりに応えるため、カウンター席以外は全て個室となっている「焼肉の名門 天壇 赤坂店」限定で、一品一品にこだわりを持った五感で味わうコース「福綏」を12月1日(火)から12月31日(木)の1カ月間限定で焼肉の名門 天壇 赤坂店で提供します。 本コースにはベビーサイズのシャンパンが含まれており、前菜では京野菜とシャンパンのペアリングを楽しめます。 メイン料理では、特に写真映えするメニューの「お肉の逸品盛り合せ」や自家製のハンバーグとフォアグラを特製のソースで絡めた「ロッシーニ風 天壇特製ハンバーグ」、100gの厚みのある「シャトーブリアンのステーキ」といったクリスマスや年末にふさわしい贅沢な逸品を提供します。 スタッフが利用客の目の前で最高の状態で焼き上げて提供する焼物は、柔らかい歯ざわりが特徴の「和牛タン」と薄切りにしたタンにトリュフを包み込んだ「トリュフタン」、それぞれ異なる味付けで楽しむ特上ロースや和牛ミスジの焼きしゃぶの赤身2種をコース限定メニューとして提供します。さらに天壇伝統の「お出汁で食べる京都焼肉」スタイルで、薄切りロースを3枚重ねて焼く「ミルフィーユロース」も提供します。 デザートは京都 祇園辻利の抹茶を使用した『自家製パンナコッタ』を提供します。 赤坂店はこれまで会食や接待などのビジネスシーンでの利用が多く、利用シーンや顧客層に合わせたコース提供を行ってきましたが、本コースはコース名である『福綏(ふくすい)』の意味にあるように「幸福にして安泰であること」を料理の中で感じていただくカップルやご夫婦向けの少人数での利用を想定した全13品の贅沢なコースです。「写真映え」と「京都」を意識したメニュー構成となっており、味・音・香りだけでなく目で見ても楽しく最後まで飽きずに、まるで京都を訪れたような非日常の食や体験ができます。 本コースは、安心して美味しく味わってもらうため、料理は全て1人1皿ずつ個別提供し、お肉はスタッフが換気に留意しながら眼前で焼き上げて提供します。 当店では検温やプライベートでの不要不急の集会への参加自粛、手洗いうがいなどの自社基準の健康チェックを満たしたスタッフが従事し、店内の感染拡大対策を万全に行なった上で料理を提供しています。そのため、落ち着いた空間で一品一品を丁寧に味わいながら、一年の締めくくりとして特別な時間を大切な人と安心して過ごすことができます。   【販売概要】 ■コース名:福綏(ふくすい)コース ■販売価格: 15,000円(税込)/1人前 ■販売期間:2020年12月1日(火)~2020年12月31日(木)迄 ■予約・注文方法 電話・店頭にて前日までの予約受付。 コース注文は1組につき2名様まで。 仕入れ状況により売り切れる場合あり。   ■コース内容: 茹でタンのスープ/前菜3種とシャンパン*1/お肉の逸品盛合せ/特選タンの塩焼(和牛タン・トリュフタン)/ 特上ロース~天壇特製おろしポン酢ダレとともに~/和牛ミスジの焼きしゃぶ/天壇チョレギサラダ/ ロッシーニ風 天壇特製ハンバーグ/シャトーブリアンのステーキ/ムルキムチ/ ミルフィーユロース・極上ミルフィーユロース/選べるお食事もの(スダチ冷麺・牛茶漬け)/ 自家製パンナコッタ 祇園辻利の抹茶風味/ *1ノンアルコールも承ります。   ■取り扱い店舗 [天壇赤坂店] 2013年にオープンした赤坂店は赤坂一ツ木通りに面したビルの2階にございます。店内は京都をイメージした個室やVIP個室などをご用意しており、カウンター席以外は全て個室のプライベート空間となっております。 ・住所:東京都港区赤坂4丁目3-6 A-FLAG赤坂2F ・電話番号:(03)5575-5129 ・営業時間:ランチ  11:30~15:00(LO 14:30)/ディナー 17:30~23:30(LO 23:00)*2 ・定休日:なし ・アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」1番出口徒歩2分、東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」10番出口徒步5分 *2新型コロナウイルスの感染拡大に伴う東京都の要請に応じ、11月28日(土)から12月17日(木)までの20日間にかけて、22時までの短縮営業を実施しております。   ________________________________________ 【焼肉の名門 天壇のご紹介】   【創業】1965年1月  [ 2020年、焼肉の名門 天壇はおかげさまで創業55周年。 ] 【特徴】 創業地は京都の祇園。京都は1人あたりの牛肉消費量が日本一になる年もあるほど*1牛肉大好きな街。食肉文化の発展しているそんな京都で、天壇は長らく認知度の高い地元の焼肉レストランとしてご愛顧いただいてきました。 その秘密は上質な牛肉と秘伝のタレ。天壇の「つけタレ」は、牛骨スープをベースとした黄金色に透き通ったお出汁のような味わいでさっぱりしていてコクがあり、肉の旨みを引き立たせます。 京都では「洗いダレ」と呼ばれるタレを提供する焼肉店が多くありますが、天壇はその京都焼肉の原点として、創業以来変わらぬ味を提供し続けています。*1総務省統計局 家計調査(平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)より   【店舗一覧  天壇グループ 全10店舗】 1)「焼肉の名門 天壇」 8店舗 京都 :祇園本店・西院店・桂五条店・The Dining山科店・北山店 滋賀 :草津店 / 東京 :銀座店・赤坂店 2)「焼肉 TENDAN ニュースタイルビュッフェ」 2店舗 京都 :竹田店・宇治小倉店 URL    https://www.tendan.co.jp/ 運営会社      株式会社 晃商 本社所在地   京都市東山区宮川筋1丁目221 代表者      代表取締役社長 新井 義淳 資本金      3,000万円

【PRESS RELEASE】プロがおうち焼肉をサポートする新サービス『おうち焼肉コンシェルジュ』提供開始 食事シーンや好みに合ったメニュー提案と、自宅でよりおいしく味わう“プロの技”を伝授 ~従来メニューに加え裏メニューも用意。おうちで焼肉パーティーや忘新年会をしたいユーザーを支援~

2020-11-25

1965年の創業以来「お出汁で食べる京都焼肉」を提供する『焼肉の名門 天壇』(運営:株式会社晃商、代表取締役社長 新井義淳)は、テイクアウト商品の購入希望者向けに、各店舗専属のおうち焼肉コンシェルジュが電話で接客をし、食事シーンや購入者の好みに合ったメニュー提案や食べ方を提案する新サービス『おうち焼肉コンシェルジュ』を11月25日(水)より天壇グループ全店舗で開始します。 これにより利用者は、店内飲食と同等の接客サービスをテイクアウト商品購入時も受けることができ、また「どの肉をどれだけ買えば良いのか分からない」といった、おうち焼肉の不安を解消することができます。 コロナ禍でテイクアウトやデリバリー事業を始める飲食店が増え、消費者が自宅やオフィスでもお店の味を楽しめるようになりました。飲食店のテイクアウトやフードデリバリーは消費者にとって手軽に利用できるというメリットがある一方、飲食店側は利用者とのコミュニケーションが不足し、利用者の細かな要望やニーズを把握しづらい状況にあることが予想されます。 天壇グループでも、2020年10月からテイクアウト商品『天壇おうち焼肉セット』を販売しています。「自宅でも店内で食べるような焼肉が楽しめる」といった声が寄せられる一方、「食事シーンや自分の好みに合った肉の種類や量が分からない」「おうち焼肉をしたいがメニューを選ぶのが難しい」といった声も寄せられました。 そのため天壇グループでは、テイクアウト商品の電話注文時や商品受け取りの来店時に、食事シーンや好みに合った量やメニューを提案したり、おうち焼肉をより美味しく味わえるプロの技を伝授する新サービス『おうち焼肉コンシェルジュ』の提供を開始することになりました。焼肉のプロである『おうち焼肉コンシェルジュ』を各店舗に配置することにより、テイクアウト商品購入者の不安を解消し、自宅での豊かな食体験の実現を支援します。 今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、おうちで焼肉パーティーや忘新年会をしたいユーザーが増加することが予想されます。本サービスでは、既存のテイクアウトメニューと、各店舗の店内で提供するメニューからテイクアウトが可能な『裏テイクアウトメニュー』からも商品提案をすることで、よりオーダーメイド性を高め、購入者一人ひとりのニーズに柔軟に対応し、テイクアウト時でも利用者との積極的なコミュニケーションをとることでおうち焼肉ユーザーを支援します。 天壇では今後も、安心して美味しく「お出汁で食べる京都焼肉」を提供するため、アルコール消毒や検温、従業員の健康チェックなど新型コロナウイルス感染拡大対策を徹底すると共に、ニューノーマルに対応した新たな取り組みを強化していきます。   【おうち焼肉コンシェルジュ サービス概要】 ■サービス開始:2020年11月25日(水) ■取り扱い店舗:天壇グループ全店(東京・京都・滋賀 計10店舗) ■サービス利用方法 電話・店頭にて予約受付時に「おうち焼肉コンシェルジュ」の呼び出しで対応が可能。 受渡し時間は店舗営業時間内。 ※当日の注文の場合、仕入れの都合上売り切れの可能性あり。 ※20個以上注文する場合は店舗へ事前に問い合わせ要。   【『おうち焼肉コンシェルジュ』サービス利用の流れ】 1.希望の店舗に電話し、「おうち焼肉コンシェルジュ」を呼び出し、テイクアウトメニューの相談を行う。 2.専任の「おうち焼肉コンシェルジュ」が対応し、顧客の利用シーンやニーズヒアリング。顧客の要望に沿ったメニューを提案し、予約も承る。 3.顧客が指定した日時に店舗で受け取りが可能   【テイクアウトメニュー(一部)】 ■天壇おうち焼肉ベーシックセット12,000円(税込) 提供店舗:関西8店舗 ■天壇おうち焼肉ベーシックセットTOKYO 15,000円(税込) 提供店舗:銀座店・赤坂店 ■天壇和牛ロース・カルビ弁当1,600円(税込) 提供店舗:天壇グループ全店   【裏テイクアウトメニュー(一部)】 ■天壇特製チゲ 祇園本店 価格 777円(税込) 銀座店 価格 982円(税込) 提供店舗:天壇グループ全店   ■九条ネギのチヂミ 祇園本店 価格 950円(税込) 銀座店 価格 1,767円(税込) 提供店舗:焼肉の名門 天壇8店舗   ■チャプチェ 祇園本店 価格 842円(税込) 銀座店 価格 1,276円(税込) 提供店舗:天壇グループ全店     【焼肉の名門 天壇のご紹介】 【創業】1965年1月  [ 2020年、焼肉の名門 天壇はおかげさまで創業55周年。 ] 【特徴】 創業地は京都の祇園。京都は1人あたりの牛肉消費量が日本一になる年もあるほど*1牛肉大好きな街。食肉文化の発展しているそんな京都で、天壇は長らく認知度の高い地元の焼肉レストランとしてご愛顧いただいて参りました。 その秘密は上質な牛肉と秘伝のタレ。天壇の「つけタレ」は、牛骨スープをベースとした黄金色に透き通ったお出汁のような味わいでさっぱりしていてコクがあり、肉の旨みを引き立たせます。 京都では「洗いダレ」と呼ばれるタレを提供する焼肉店が多くありますが、天壇はその京都焼肉の原点として、創業以来変わらぬ味を提供し続けています。 *1総務省統計局 家計調査(平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)より   【店舗一覧  天壇グループ 全10店舗】 1)「焼肉の名門 天壇」 8店舗 京都 :祇園本店・西院店・桂五条店・The Dining山科店・北山店 滋賀 :草津店 / 東京 :銀座店・赤坂店 2)「焼肉 TENDAN ニュースタイルビュッフェ」 2店舗 京都 :竹田店・宇治小倉店   URL     https://www.tendan.co.jp/   運営会社      株式会社 晃商 本社所在地   京都市東山区宮川筋1丁目221 代表者      代表取締役社長 新井 義淳 資本金      3,000万円